お得な配送なら いつもの会社で契約取引

ガードルを通販で購入した時の配送

ネット通販でガードルを購入した際の配送は、宅急便で送られてくると思っていたら、自宅の郵便受けに入っていました。あまりにも簡単な手段で送られてきたので意外が感じがしました。購入した商品があまりにも小さくて嵩が無いものだったからだと思いますが、もし万が一誤配でもされたら困るのではないかと思いました。宅配業者の簡易的な送り方としてコストダウンにつながっているとは思いますが、確実な配送手段とは言えないような気がします。隣近所に誤配されて中身を見られたりする可能性はゼロではないので、私としてはもっと慎重な方法で送って欲しいと思います。大きな商品であれば郵便受けには入らないので、通常のような宅急便で届くのだと思いますが、どんなに小さな商品であっても、しっかりとハンコを押してもらうような確認方法を併用して欲しいものです。

郵便配達であれば毎日のように配達をするので、仕分けをするときに番地の見間違いや名前の確認ミスが起きるのは確率としては一定の割合であり得ます。しかし、宅配便の場合は、ピンポイントで番地と名前を確認するのですから、誤配の確率は郵便ほど高くはないのかもしれません。それでもゼロになる保証もないわけですから、何とか確実な方法を選択して欲しいです。玄関でピンポンを押してくれる手間とハンコをもらうだけですから、時間にしたら1分以内で終わる作業でしょう。それを省いたからと言って大幅なコストダウンにはならないような気がするのです。

海外郵送のときは、タイはインボイスというのが必要になり、送る内容も英語で細かく書かないといけません。そのときに、「shoes」「dress」などと書くと輸入品扱いになって高額の税金が取られるかのうせいがあるので、「used・・・」の表記がおススメです。万が一税金がかかってしまった場合は、郵便局にパスポートを持って自分で取りに行かなければならなくなります。そのときは通知が来ますが、通知がちゃんと届かない場合もあるので、やはり追跡ができるEMSの利用をおススメします。

関連リンク

Copyright (C)2017お得な配送なら いつもの会社で契約取引.All rights reserved.