お得な配送なら いつもの会社で契約取引

プレカット材の配送にはユニック車

プレカット材の配送にはクレーン付きのトラック通称ユニック車が使われます。梱包された木材をクレーンで吊って現場の敷地内に降ろすためです。ユニック車は2トンから大型まで様々ありますが、プレカット工場でユニック車を所有している場合もありますが、現場が多い時には運送会社に配送を依頼することもあります。ほとんどの会社では4トンユニック車を所有していますが、大型のユニック車を所有している会社もあります。現場の状況や道路の状況に応じてトラックの大きさを決めることになります。現場納品の度に現地の道路を確認するわけにはいかないので、あらかじめ地図を見て道路の幅を確認したり、場合によってはストリートビューで道路幅以外に問題がなさそうか確認する場合もあります。

特に曲がり角の状況は地図だけでは確認できないことがあります。隣接する家の木の枝が道路にはみ出している状況では、トラックが通行できない場合もあるのです。そのような状況では住人に枝を切ってもらうよう要請したり、別のルートで現地に入れないか検討することになります。プレカット材の配送では長い木材を運ぶこともあるため、狭い曲がり角だと曲がれない場合も考えられます。現地の近くまで来ているのに現場に入れないとなれば、現場の大工さんからまだ納品にならないとクレームの電話が来ます。現場の状況がわかる担当者は、納品についての注意事項を事前にプレカット工場に伝えるべきなのです。
Copyright (C)2017お得な配送なら いつもの会社で契約取引.All rights reserved.