お得な配送なら いつもの会社で契約取引

食品輸入業者の配送は、いつもの会社で契約取引

弊社は、食品を輸入している会社です。当然コンテナに積めて、大量の配送を必要としています。輸入通関後は、国内取引先がしようしている配送センターへ一括移動をする流れです。だから、契約をして料金も格安配送をするというなずれで取引をしています。先方の出荷状況による急な欠品対応にも、配送便の手配を格安で対応してくれる場合もあります。

輸入食材というと、冷凍食品・原料が多いです。だから、トラックも-18℃以下指定のトラックでないと駄目です。最近はトラックにも温度管理表がついています。移動中のトラブルによる温度管理は必須条件となっています。最終顧客からも、品質管理について細かく確認されます。最近では午前中の荷受しか受付ないというセンターもあり、業者も大変です。突然なアクシデント(交通渋滞など)については、仕方なく受付をしなければなりません。但し、午前中に連絡をしておかなければなりません。

大都市部では今後、高齢者が急増し、在宅のまま医療機関や介護施設の世話になりながら生活せざるを得ない病人等が増えていくと予測されているので、このように日常的な食事で食べる食べ物一切を宅急便の配送業者に頼む姿が益々増えていくように感じます。

関連リンク

Copyright (C)2018お得な配送なら いつもの会社で契約取引.All rights reserved.